帯状疱疹ワクチンの接種を開始しました。

帯状疱疹は予防できる病気です。
水痘帯状疱疹ウイルスは初めて体に入るとみずぼうそう(水痘)を引き起こし、みずぼうそうが治った後も生涯にわたり体内(神経節など)に潜んでいます。そして加齢、疲労、ストレス、悪性腫痬、免疫力の低下などをきっかけにウイルスが再び力をもりかえすと、帯状疱疹を発症します。
帯状疱疹の症状は、体の片側に帯状にできる痛みを伴うみずぶくれです。
みずぶくれが治ると痛みは消えますが、約10~50%の人は長期間にわたり痛みが残ります(帯状疱疹後神経痛)。
帯状疱疹は、50歳以上で発症するひとが急激に増え、80歳までに3人に1人が経験すると推定されます。日本人は成人の90%以上がみずぼうそうに罹っており、帯状疱疹を発症する可能性があります。高齢化が進む日本で、今後増加すると考えられる病気です。
50歳以上の人は、帯状疱疹を予防するために任意接種としてワクチンを接種できます。費用は、7,500円(税込)です。
ワクチンは発症をおさえ、重症化を予防するためのもので、日本をはじめアメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ諸国など世界60カ国以上で使用されています。