大阪府高槻市の 婦人科,(婦人内科,東洋医学) 渡辺婦人科

渡部産婦人科

 

問診票

 

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
トップページ»  プラセンタ療法について

プラセンタ療法について

プラセンタとは

プラセンタプラセンタとは、母親のお腹の中で赤ちゃんを守り、育てる役割をもった「胎盤」のことです。1個の受精卵をわずか10ヶ月で、約3kgの胎児にまで育て上げるために必要な各種栄養素や、生理活性物質が豊富な臓器です。

プラセンタ療法とは、ヒトの胎盤から抽出したエキスを注射液として用い、自然治癒力を高める治療法を言います。プラセンタはその自然治癒力を強力に後押しして、自分の力で病気や身体の不調を慢性化させない自然薬として注目を集めています。約50年前、日本で開発され、医療用注射薬として<1.更年期障害、乳汁分泌不全(メルスモン) 2.慢性肝疾患の肝機能改善(ラエンネック)(名称は違いますが同じ原料の製品です)>に対する保険適用が厚生労働省から認可されている、副作用の少ない医薬品です。また、一方で、幅広い診療域で治療に適用され、最近ではアンチエイジング効果まで、幅広く知られるようになりました。

プラセンタには各種の細胞増殖因子<グロスファクター>や、多くの体に有用な成分が含まれているため、細胞や組織の代謝や活性化を促すことで、体のもつ自然治癒力を引き出すと言われております。


(1) 特定生物由来製品のため、厚労省の勧めにより、治療に関しては患者さん自身の同意書が必要になります。
(2) この療法は基本的には皮下注射で1~2アンプルを週2、3回からスタートし、その後は週1回程度定期的に注射します。
(細い針のため痛みはとても少ないのでご安心ください。)
(3) 肝機能改善、更年期障害、乳汁分泌不全以外の目的で使用する場合は、健康保険では認められませんので、患者さん自身の負担による自費診療になります。
(4) 自費診療による費用 基本治療:1回 2アンプル ¥2,000(税別)、1アンプル増す毎に\1,000(税別) が追加となります。
(5) 注射をしながら内服用のプラセンタサプリメントを併用したり、注射が物理的に不可能な方はサプリメントのみの内服も可能です。
☆メルスモンカプセル [1箱・120カプセル(1ヵ月分)] \14,000(税別)
(6) プラセンタ療法をご希望の方、または実際に治療をされている方には、皆様の不安や期待に答えるための資料をお渡ししています。
(7) これまでのいろいろな治療で十分な治療が実感できていない方は、プラセンタの併用療法が可能ですので、是非この治療をお勧めします。

説明図 プラセンタが良く効き、効果が期待される疾患・症状
内科領域 頭痛口内炎・気管支炎・気管支喘息・食欲不振便秘肝炎・高尿酸血症・高脂血症・肝硬変・パーキンソン病・るいそう(激やせ)胃炎胃潰瘍・十二指腸潰瘍・ベーチェット病・高プロラクチン血症・膠原病
整形外科領域 肩こり外傷性頚椎捻挫(ムチ打ち)五十肩腰痛膝痛筋肉痛関節リウマチ関節痛・神経痛
外科領域 外傷・手術後の創傷治癒・下肢静脈瘤
婦人科領域 更年期障害・乳汁分泌不全・生理痛生理不順無月経・不感症・冷え症
皮膚科領域 アトピー性皮膚炎肌荒れ・しみ・乾燥肌脱毛症・皮膚潰瘍
神経科領域 自律神経失調症うつ病不眠症・拒食症(神経性食思不振症)・てんかん・不安神経症・パニック障害
泌尿器科領域 前立腺肥大症・夜尿症性欲低下
眼科領域 アレルギー性結膜炎眼精疲労視力低下
耳鼻科領域 アレルギー性鼻炎・耳鳴りめまい・難聴・メニエール病嗅覚低下
歯科口腔外科領域 歯周炎味覚低下・口内炎・舌炎
その他の領域 インターフェロン・抗がん剤・放射線照射後の副作用軽減・現代医学では治しにくい病気によく効く

上の表の黄色の帯上は、吉田クリニックで著効が認められたもの、水色の帯上は吉田クリニックでかなり有効

即効性のある症状としては、肩こり・腰痛・不眠・肌のはりの低下・冷えなどがありますが、漢方エキス剤との併用により、ハイブリッドで相乗効果が期待できます。
 
一般の医薬品は何か特定の病状を抑えるために使われます。ですから例えば頭痛薬を下痢や花粉症などに使うことはありませんが、プラセンタは一覧表にある様に数え切れないほどの病気や症状に使って効果を発揮しています。病状があらわれた原因が様々であっても、崩れた体調を正常に戻そうとして働く「自然治癒力」が強化されれば、おのずと病状は回復するはずです。「プラセンタには体調を整える力がある。」と言われるのは、そのような「自然治癒力」を導き出しているからなのです。

 

プラセンタについてのQ&A

Qなぜプラセンタが身体にいいの?
Aプラセンタは、ヒトでは約10ヶ月に1個の胚細胞をおよそ60兆個まで増殖させていくと同時に、各種臓器や器官を作り上げていきます。プラセンタはそのためにさまざまな生理活性物質を合成し、妊娠期間中継続して胎児に与え続けています。プラセンタは他の組織や臓器が含んでいないさまざまな活性物質を総合的に含んでいるのです。

Q使っている原料は?
A日本国内で満期正常分娩によって出産したヒトのプラセンタを原料として使用しています。
●安全性は…
出産されるお母様の血液検査を実施し、ウイルス等で汚染されている可能性のないプラセンタを原料として収集します。またお母様の海外渡航歴により、1980年1月以降にヨーロッパに通算して、6ヶ月以上滞在経験のあるお母様のプラセンタは原料から除外されます。更に、工場への原料受け入れ時に、B型肝炎、C型肝炎、後天性免疫不全症候群(エイズ)、成人T細胞、白血病、リンゴ病の5つのウイルスについては改めて検査し、原料の安全性を確認します。これに加えて、未知のウイルスの汚染対策として、最終製造工程で高圧蒸気殺菌を行います。
こうして2重・3重の安全対策を経て製造された製品は、最後に製品試験でウイルス等の病原性物質についての確認試験が行われ、安全性について最終確認をした後出荷されます。

Qどんなとき、どの程度注射すればいいの?
A一般的に、疾病で注射する場合は、最初の2週間はできるだけ毎日、つめて注射することをお勧めします。その後は効果を維持する目的で、週に1~3回程度にします。疾病の程度や状態によって、1人1人最適な投与量や投与回数が異なってきますので、必ず医師の指示に従って治療をお受けください。特に疾病を持っていない健康な方で、美容や疲労回復、若返り等の目的で注射をお受けになる方は週1度程度でよいと思います。また、特に疲れたときや、肌のくすみや化粧ののりが気になったりした時は、カンフル剤的に注射してもらうとよいでしょう。

Q長期にわたって継続して注射しても大丈夫?
A大丈夫です。患者さんの中には、ほぼ毎週一回の注射を10年以上続けている方がたくさんいます。ただ、疾病が完治した方や体調が回復した方は、長期間にわたって注射をする必要は、一般的にはないと思います。
具合が悪くなったり、何らかの自覚症状が出たときに、改めて治療を開始するので十分だと思います。

Qホルモンの含有は?乳ガン、子宮ガン、子宮頸内粘膜症への影響は?
Aプラセンタはもともと女性ホルモンを中心に、多種のホルモンを含有しています。しかし、注射剤はホルモンをその前駆体(ホルモンを作る材料)まで分解してあります。従って、ホルモンは一切含有されていませんので、乳ガンや子宮ガンを経験された方や子宮内膜症の方なども安心してご使用いただけます。

Qプラセンタの有効成分は?
Aプラセンタにはさまざまな活性成分が含まれています。その中でも、私たちは「細胞増殖因子」と「サイトカイン」、および「RNA(リボ核酸)」に注目し、医療用医薬品としてこれらの有効成分を中心に、プラセンタらから抽出しています。
プラセンタ注射
(細胞増殖因子の補充)
老化
(細胞増殖因子の生産能低下)
新生細胞の合成 細胞(組織)の修復・再生 若返り
(疲労回復・美肌etc)

Q副作用についてお聞かせ下さい。
Aいずれも副作用は、ごく軽くすぐ治ります。
●軽微な副作用
◆注射の部位の発赤、疼痛(1~2日で回復)調査症例中5%程度
◆注射部位の上肢のだるさ、重たい感じ(半日ぐらいで回復)調査症例中0.1~5%
◆吐き気、全身倦怠感(ごく稀:半日ぐらいで回復)